教会案内

教会案内 私たちは、聖書(66巻)を神の言葉と信じ、その福音を喜び、大切にし、これに生き、これを伝える歴史的なプロテスタント教会の一つです。

稲沢キリスト教会は、日本福音同盟(JEA)に属する同盟福音基督教会(27の教会)の一員で、ドイツ自由福音教会連盟の宣教団体であるジャーマン・アライアンス・ミッションとともに共に働いています。

また私たちは、稲沢市内にある他の3つの教会(祖父江キリスト教会、愛ホープ・チャーチ、稲沢福音教会「神の家族」)と協力関係にあります。

これまでの歩み:
1985年4月に、稲沢市大塚町で子ども向けの土曜集会を始め、1987年に、祖父江教会の伝道所として稲沢教会を開設しました。ダルマン宣教師によって、2000年までの約10年間、ベルンス宣教師一家によって、2002年から2018年までの16年間、伝道と牧会の働きが続けられました。
現在の会堂は、2010年4月に完成しました。

私たち稲沢教会は、世界中のキリスト教会と繋がっていますが、特にこの30年間、稲沢市において歩んできました。これからも皆さんと共に歩んでいきたいと願っています。どうぞよろしくお願いいたします。

神様の素晴らしい愛といのちの福音をお知らせしたいと願っています。遠慮なしにお訪ねください。心よりお待ちしております。
全知全能をもって万物を創造された神様の大きな愛と平安、豊かな恵みと祝福がございますように。

牧師紹介

牧師紹介 こんにちは。4月1日より、稲沢キリスト教会の牧師となりました渡辺睦夫と言います。よろしくお願いします。

稲沢市と周辺地域の皆さんに神様の素晴らしい愛をお知らせしたいと思います。ぜひ、稲沢教会にお出でください。

牧師として:
岐阜県の揖斐・北方キリスト教会の牧師となった後(11年間牧)、カナダ リージェント・カレッジ(Regent College)に留学。1年後にカナダのMegumi Baptist教会牧師となりました(6年間)。帰国して、岩倉キリスト教会(同盟福音)の牧師となり(23年間)、2018年4月から稲沢キリスト教会(同盟福音)牧師となりました。

神学校教師として:
東海聖書神学塾(TTS)とキリスト聖書学園(CBI,CBS)で、ギリシャ語、ヘブル語、釈義、聖霊論、霊性、終末論、牧会学などを教えています。『聖書神学事典』の「聖霊」などを執筆、また『ジャンル別新聖書解釈入門』を、『リバイバル・ジャパン』誌と『舟の右側』で連載しました(2011年6月5日号から2017年1月号まで、96回で終了)。訳書に『使徒の働き解釈学(Interpreting the Book of Acts)』があります。

これまで、単立教会(JECA)、同盟キリスト教団、長老系教会、聖霊派、バプテスト教会(BGC)、同盟福音基督教会などで奉仕したことがあります。東洋大学、聖書神学舎(現在の聖書宣教会)、カナダのリージェント・カレッジ(Th.M:神学修士)、アメリカのトリニティ国際大学(DMin:牧会学博士)を卒業しました。

妻、多恵子と四人の子ども(うち一人は召天)がいます。趣味(?)は、これまでフィンチ類のブリーディング、三線の練習、ハングルの学びなどでしたが、今は、「ワーダン・スピリットの会(みことばと聖霊:word&spirit)」http://ww1.hot-milk.jp/~wordanspirit/を進めていくことです。

エホバの証人(ものみの塔)、モルモン教、統一教会等でお困りの方はご相談ください。